ご祝儀に関するマナー


Presented by 広島 ヘアセット

 

 

①ご祝儀の相場は?

地域の特徴や「家」のしきたりなどに左右されるところが大きいようですが、

おおよその目安を次に紹介します。参考にしてみてください。

 

新郎新婦が友人の場合、2~3万円が相場といわれています。

 

かつては「二」という数字は二つに割れるので縁起が悪いとされてきましたが、現在では「二人の幸せを祈る」とか「カップルを意味する」ということで、ご祝儀に二万円を包むことは許容されてきています。

1万円札2枚を包むことに抵抗がある人は、5千円札を2枚にして、

合計3枚のお札を包めば奇数の「三」になるので参考にしてみてください。

ただし、「四」と「九」は現在でもタブーの数字。この金額を包むことは避けましょう。

新郎新婦が親族の場合
新郎新婦が親族の場合は、友人の場合よりも、さらに親族間の申し送りやしきたりがある場合が多いので、それに従うのが最もよいでしょう。

あくまで目安ですが、「準備資金の一助」という意味合いを込めて、招待された人数に合わせて3~10万円の範囲が多いようです。

夫婦で招待された場合には、5~10万円が多いようです

 

②ご祝儀袋の包み方

ご祝儀袋は「ふくさ」に包んで持って行きましょう。かばんや服のポケットからそのまま出すことはNGです。

会場の受付でご祝儀袋を渡すことが最も多いと思われますが、「本日はおめでとうございます」と挨拶をします。

その後、バックから取り出したふくさを開いてご祝儀袋を出し、相手から見て文字が読める方向に両手で渡すようにします。

 

③欠席する場合のお祝いは

直前に欠席がわかった場合
「出席」と返事をしていたのに欠席をする場合は、結婚式当日に持参する予定だったご祝儀全額をお祝い金として渡します。

出席しないのだから、全額の必要はないのでは?と思うかもしれませんが、先方は「出席」の返事を確認した段階から、料理や引き出物を発注しています。

欠席になってしまうのは仕方のないことですが、先方の準備へお詫びと感謝をこめて、ご祝儀全額を渡しましょう。

1~2週間前に欠席がわかった場合
この場合は3分の1~2分の1程度のお祝い金あるいはお祝いの品を贈りましょう。

この時期であれば、料理や引き出物のキャンセルがまだ効く可能性が高く、先方の準備の負担が少ないためです。

 

Presented by 広島 ヘアセット