成人式とは


Presented by 広島 ヘアセット

由来

成人を祝う儀礼は古くからあり、男子には元服・褌祝、女子には裳着・結髪などがあった。

文化人類学や民俗学では、こうしたものを通過儀礼(イニシエーション)の一つとして扱う。
日本における今日の形態の成人式は、終戦間もない1946年11月22日、

埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において実施された「青年祭」がルーツとなっている。

敗戦により虚脱の状態にあった当時、

次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため、当時の埼玉県蕨町青年団長高橋庄次郎が主唱者となり青年祭を企画、会場となった蕨第一国民学校(現:蕨市立蕨北小学校)の校庭にテントを張り、青年祭のプログラムとして行われた。

この「成年式」が全国に広まり現在の成人式となった。

蕨市では現在も「成年式」と呼ばれており、1979年の成人の日には市制施行20周年、成人の日制定30周年を記念して同市内の蕨城址公園に「成年式発祥の地」の記念碑が同市によって建立された。
蕨町の「青年祭」に影響を受けた日本国政府は、

1948年に公布・施行された祝日法により、「おとなになったことを自覚し、

みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます」の趣旨のもと、翌年から1月15日を成人の日として制定した。それ以降、ほとんどの地方で成人式はこの日に行われるようになった。

その後、1998年の祝日法改正(通称:ハッピーマンデー法)に伴って、2000年より成人の日は1月第2月曜日へ移動している。

 

新成人の定義
成人式の参加対象となる成人は、前年の「成人の日」の翌日からその年の「成人の日」までに誕生日を迎える人を祝う日となっている。しかし、最近(特にハッピーマンデー制度導入以降)は前年の4月2日からその年の4月1日に成人する人を式典参加の対象にする、いわゆる学齢方式が定着するようになっている。
年齢方式の場合、誕生日の遅い早生まれの人が他の参加者が殆ど見ず知らずの人になってしまったり、ハッピーマンデー制度によりその年の成人の日は19歳で翌年の成人の日は21歳というケースがある(1987年1月9日 – 13日生まれの場合など)ためとも言われている。
他に北海道札幌市と広島県広島市では、この1年間に20歳の誕生日を迎える人[1]を成人式参加の対象者とする暦年方式が用いられていた。しかし、大学受験で1浪しただけで式典参加が困難になる場合が多いうえ、前年に他市町村で成人式の対象とならなかった人が翌年、進学や転勤で転入した場合、2年続けて参加できなくなるなど若者の不評が多かったことから、両市とも2000年以降は学齢方式に変更[2]されている。
1960年代までは、新成人は半数以上が既に社会に出ている勤労青少年だったが、1970年代以降、大学・専門学校進学者(率)の増加や中卒・高卒就職者の減少から、新成人全体に占める在学者の割合も年々増加しており、現在に至っている。

 

開催日

成人式を開催するお知らせ葉書
例えば、兵庫県三木市では地元を離れている人などの参加しやすさを考慮して成人の日の前日の日曜日に開催した[3] 成人式は現在では、成人の日、またはその前日(常に日曜日になる)に開かれることが多い。
他に、その年のゴールデンウィークやお盆(旧盆)、あるいは松の内に行う市区町村も多い。特に郡部(町村)で多いが、これは就職や進学で地元を離れる人が多いので、実家に帰省する人が多いお盆や大型連休に行うほうが参加しやすいためである。また豪雪地では、会場への移動利便性や歩行に苦労することの問題や、荒天で折角の晴れ着が汚れることなどを考慮して、お盆に開催するケースも多い。

 

さまざまな成人式

 

社内成人式

毎年高卒者を多く採用する産業で、祝祭日が書き入れ時となる百貨店、スーパー、外食産業などの小売業や鉄道、観光バスなどの運輸事業、および事業の性格上交代勤務が多い鉄鋼、化学、繊維、製紙、自動車などの製造業、電力・都市ガスなどでは、成人の日も勤務となる従業員が多く、市町村が行う成人式に参加できない人も多くいる。
そのため、これらの業種では社内(職場内)で独自に成人式を実施する企業が多く見られた。代表的なものにはとバスや名鉄グループ、富士急行などがある。しかし、1990年代以降は不況や大学進学者の増加などで高卒者を採用しない企業が増えたため成人を迎える従業員も年々減少しており(就職氷河期も参照)、加えてリストラも追い打ちをかけ、社内成人式を中止してしまった企業が多い。
逆に、トヨタ自動車のお膝元である豊田市(ほとんどの会場)や、愛知県内のその周辺の一部の市町村では、同社の業務日程(トヨタカレンダー)に合わせて成人式の開催日をずらしている。
同様に、駐屯地で寄宿生活を行っている自衛官や全寮制の訓練機関(海上保安大学校、防衛大学校など)、知的障害者更生施設においても、これに類似した成人式を行っている。陸自衛隊では自衛官達にFH70を引かせるイベントがある[16]。また海上自衛隊員の中でしらせに乗船中だった場合は南極で成人式を行う[17]。
芸能人も上記職業同様、祝祭日が書き入れ時となる場合も多いため芸能事務所単位[18]や特異な例としてはAKB48では姉妹グループと合同で同様の成人式を開催している[19]。これも社内成人式の一種とみられる。

 

各地の成人式

沖縄県石垣島の石垣市白保では「成人者が公民館に村人を集め、成人した事の喜びと村への感謝を踊りで表現する」といった行事が伝統的に行われ、各テレビ局ワイドショーでも「荒れ模様となっている沖縄の成人式の中で」と、これを取り上げている。地方によってはこういった形の成人式も多数存在する。

 
成年式
成年式は天皇および皇族が成年に達したときに行われる儀式である。
皇室成年式令(明治42年2月11日皇室令第4号 日本国憲法施行に伴い全て廃止)によれば、天皇、皇太子および皇太孫は満18年、そのほかの皇族は満20年に達したときにおこなわれる。
天皇の場合、賢所の前で行なわれ(5条)、賢所、皇霊殿および神殿に奉告し、勅使に神宮、神武天皇山陵、先帝先后の山陵に奉幣させる(3条)。 式がおわって皇霊殿および神殿に謁し、また太皇太后および皇太后に謁し、正殿に御して朝賀を受け、宮中で饗宴を賜う(5条以下)。
皇族の場合、賢所の前で行なわれ、おわって皇霊殿および神殿に謁し、天皇、皇后、太皇太后および皇太后に朝見する(9、11、12条)。
皇太子および皇太孫の場合、式日に賢所、皇霊殿および神殿に奉告し、式後、宮中で饗宴を賜う(10、12条)。
式の詳細は皇室成年式令附式にある。
1/2成人式・立志式など
最近では、学校行事や総合的な学習の時間(総合学習)などで、20歳の半分の年齢である10歳(小学校4年生の時にほとんどの人は迎える)を対象に「1/2成人式」(にぶんのいちせいじんしき)、「十歳式」(じゅっさいしき)を開く小学校が全国的に増えている。1/2成人式に関連して、10歳を迎えた娘がいる家庭では、母娘で話して一緒にファーストブラを買うよう勧めているメーカーがある。
また一部の中学校は中学2年または3年になると学校行事として「立志式」(りっししき)、「立春式」(りっしゅんしき)、「少年式」(しょうねんしき)、「元服式」(げんぷくしき)を行なうところがある。これは昔の成人式にあたる元服を迎える時期が現在の中学生の時期にあたるため、その風習を学ぶ意味合いも兼ねている。
第二成人式・三十路式など

さらに、被選挙権を得た25歳を祝う第二成人式(だいにせいじんしき)の開催も始まっている。第一回目は2010年1月11日の成人の日に東京都中野区の中野サンプラザで開催された。
また、新たに30歳を迎える人への激励・祝福を行うイベントとして、2012年、三十路式(みそじしき)が神奈川県川崎市で、30歳の成人式が京都府与謝野町で開かれた。地元を離れて疎遠になった同級生との絆の確認や、地域社会のつながりの強化を狙ったもので、三十路式は神奈川県平塚市や北海道、大阪府、新潟市など、30歳の成人式は北九州市、横浜市、福島県いわき市、福岡市、宮城県塩釜市などでも開催の動きが広がっている。
日本以外での事情
その他の国では日本のように成人年齢に達した事を全国一斉に祝うような祭典を行う国はほとんどないが、中華人民共和国などでは、成人となった時期(18歳)のイベントを成人式として表現することもある
成人となる年齢は各国で異なるが、成人年齢のデータがある187の国・地域のうち、141の国・地域で成人年齢が18歳(16歳・17歳も含む)である
(※世界各国の成年になる年齢については「世界における成人年齢一覧」を参照。)

Presented by 広島 ヘアセット