招待状の返信のマナー


最近は招待状のスタイルも個性溢れるものが増えており、

形式にとらわれない傾向が強まっています。

しかし、招待状の「返信用はがき」は、

現在でも従来のマナーにのっとった縦書きのものが主流のようです。

 

 

返信はがきはいつまでに出せばいいの?

招待状が届いたら、記載されている期限までに返信はがきを送付するのが、

最低限のマナー。届いた日から2~3日以内に送付できると理想的です。

新郎新婦はこの返信はがきを受け取ることで、席の準備・出席者の人数を把握しなければならないのです。

 

結婚式当日の予定が分からない

仕事の予定や、女性の場合は妊娠出産と重なっていたり、結婚式に出席できるかわからないこともあります。

しかし、たとえ予定がはっきりしない場合でも、招待状が届いてから数日~1週間以内に、メールではなく電話で直接「○○な事情があるため、返信が遅くなります。」と説明することが重要。

そして、返信期限までには返信はがきを出すようにします。ちなみに返信はがきの返信期限は新郎新婦にとって「これより遅くなると準備に差し障りがでる期限」です。

 

ボールペンはOK?何色?

慣れていない毛筆に果敢に挑戦して全く読めない字になるよりも、慣れているボールペンのほうがずっと読みやすいものです。

先方にきちんと判読してもらうためにも、黒ペンやボールペンなどの慣れている筆記具でOKです。ただし、色は「黒」のみ

「かわいいから」とピンクなどのカラーペンでキラキラ書くのはマナー違反なので気をつけましょう。そして、間違っても不祝儀の色である「グレー」は使わないように注意が必要です。