結婚式のヘアスタイル・服装 NGについて


結婚式・披露宴には、

ドレスコードと呼ばれる服装のマナーがあります。
例えば、冬のファッションとして人気なファーは、実は・・・

結婚式ではNGだそうです!!
黒・赤・派手めなドレスの色も選んでいいの?

 

結婚式の格好のマナーについてご紹介いたします。

 

結婚式では避けたいNG服装

 

ここでは一般的に知られているマナーをご紹介します。

グチャグチャ・寝起きの髪型

以前までは、『結婚式』といえば

夜会巻き、編み込みアップ等の

『アップスタイル』が定番で、他のオーダーは、ほぼありませんでしtが

昨今の結婚式では、『ハーフアップ』『サイドアップ』など、

ある程度の自由が許容されるようです。

しかし、自分が花嫁側だったらと考えると

最低限のマナーとして、

寝癖や、時間に余裕を感じさせないような、急ぎのセルフアレンジは

控えた方がいいでしょう。

 

白系ドレス

結婚式当日、白は花嫁だけの特権です。

さらに、クリーム色、薄ピンクをはじめとした白系のドレスは、

写真写りによっては「真っ白」に写ってしまうため避けた方が無難です。

 

また、ボレロなどの羽織り物がこれらの色の場合、

透け素材でなければ白っぽく見えてしまうことも。

披露宴ではゲストはほとんど着席して過ごします。

上半身だけ見たときに白っぽく見えてしまわないか?というのもよく確認しましょう。
ミニ丈ドレス・肩出しドレス
(夜の披露宴はOK)

極端に露出度の高いドレスや、身体の線がはっきりと出てしまうドレスは、新婦よりも目立ってしまいます。スカート丈は膝が隠れるのがベスト。 タイトスカートぴったりと身体の線が出てしまう服装も避けたいものです。

とても短い丈のドレスをお店で勧められたとしても、年齢層の広いゲストが出席している結婚式にはふさわしくありません。

しかし、夜の時間帯の披露宴に限って、露出のあるドレスもOK。 夜の時間帯の正礼装はイブニングドレス(胸元、背中、肩が大きく開いているノースリーブ。丈は床すれすれのフロア―丈か足首が隠れるぐらいのロング丈のワンピース)で、露出が多いほど正式とされるからです。

ただし、挙式ではいずれの時間帯でも必ず羽織り物をするなど、露出を避けることが必須です。

 

リクルートスーツ

女性の黒服というのは、男性よりも不祝儀の礼服の意味合いが強いことを覚えておきましょう。
せっかくのお祝いの場に、男性に混じって女性まで真っ黒なスーツで登場されては華やかさに欠けてしまいます。
新郎新婦の門出を盛り上げるためにも、上手な色使いのお呼ばれスタイルで結婚式に華を添えたいものです。

 

アレンジ次第でOKな服装

セーフなのか、NGなのか微妙なラインのものをご紹介します。ここまで気を配れれば素晴らしいですね。

パンツスタイル

結婚式へのお呼ばれスタイルはワンピースドレスが基本とされています。

しかし、最近ではパンツドレスなど、オシャレなパンツスタイルを店頭でみかけることが多くなっています。

パンツスタイルで結婚式に出席する場合は、ビジネススーツとは違う、光沢のある生地や華やかな色をあわせ、お祝いモードを高めましょう!

黒色のドレス

黒色のドレスは着回しが利き、小物でのアレンジがしやすい優れものですが、結婚式というおめでたい場所にドレスから靴、小物まで全身真っ黒な服装は不祝儀を連想させてしまいます。

もし黒いドレスを着る場合は、バッグや靴などの小物に鮮やかな色物や光り物を合わせるようにして華やかさを加えましょう。

 

バイカラードレス

フォーマルの基本は単色無地とされています。

また、結婚式でのドレスの2色使いは「わかれる」という意味につながり、あまり縁起のよいものではありません。
でも、昨今ではバイカラーはトレンドでもあり、カジュアル度が高い結婚式ではオシャレな服装として許容される場合が多いようです。

ただし、気にするゲストにとってはとても気になるマナーでもあるので、ゲスト層を見極めつつ選んだほうがよいでしょう。

花嫁のお色直しとかぶるドレス

絶対にダメ!というNGマナーではないものの、先輩ゲストたちからは

「新婦のカラードレスとかぶらないように」というマイルールがあるとの声が多く挙がりました。

新婦によっては、ゲストとカラードレスの色がかぶってしまうことで機嫌を損ねてしまう場合も。 可能であるならば、結婚式の前に新婦にお色直しでどの色のカラードレスを着るのか訊いておくとよいかもしれません。